どんな人が飲んでいるの?

i-katsuを作った巣鴨駅前胃腸内科クリニックでは、実際にi-katsuを飲んで頂いたり、薬とi-katsuを併用したりしております。

どのような方に飲んでいただいているかご紹介させて頂きます。

※下記以外の症例に関してはブログにてご紹介しております

 

Case① 40代 女性 胸やけ・げっぷ・のどの違和感

【症状】

5-6年前から胸やけやげっぷ・のどの違和感を度々感じており、特に治療は受けずに様子を見ていましたが、ご家族から当院を勧められ受診されました。

 

【診察】

症状は食後に感じることが多いとのことで、症状と合わせて逆流性食道炎を疑いました。

内視鏡検査は一度も受けたことがないとのことで、まずは内視鏡検査を行いました。

 

【検査】

実際に内視鏡検査を行ったところ、やはり逆流性食道炎の所見を認めました。

逆流性食道炎

【治療】

内視鏡上の炎症が中等度とやや目立つため、制酸剤や機能改善薬による内服治療を考えましたが、ご本人が「アレルギー体質なので、薬はなるべく飲みたくない」とのことで、まずは胃酸の分泌過多・逆流を抑えるための生活習慣の改善を行い、また、サプリであればご本人が抵抗がないとのことで、i-katsuも飲んで頂き経過を見ることとしました。

※サプリは食品と同じ扱いであり通常は副作用が出ることがなく、長期の服用に関しても安全性が高いと考えられています。

<治療内容>

1.生活習慣指導

アルコールが好きで、ほぼ毎日飲んでおり、寝酒もするとのことで、休肝日をしっかりとつくること寝酒はやめることを徹底してもらいました。

※アルコール摂取により、胃酸分泌を促進させたり食道運動機能が低下し胃からの逆流が起こりやすくなります。

2.サプリ(i-katsu)

i-katsuの成分の一つであるLJ88は必要以上に胃酸を抑えることなく、過剰な部分の胃酸分泌抑制し、胃酸の状態を適正化してくれます。

また、麦芽や大根の種といった生薬は消化促進作用があるとが分かっています。

 

【経過】

2週間後の再診の際に状態を伺うと、症状は少しづつ良くなってきたが、まだ続いているとのことで、引き続き減酒とサプリを続けてみることとしまた。

さらに1か月後の再診時には症状がだいぶ軽くなり食後のげっぷが少し気になる程度まで改善し、3か月後の再診時には症状はほとんど良くなっていました。

アルコールは引き続き休肝日を作ることと寝酒をやめることを続けて頂き、ご本人がサプリは続けたいとのことで続けてもらい、6か月後に経過チェックのため内視鏡を再検しました。

逆流性食道炎

内視鏡上は炎症はかなり改善しており傷痕の状態でした。

そして、1年後の内視鏡検査では炎症は改善しており、症状の再燃もなく、現在も節度ある飲酒i-katsuを続けています。

逆流性食道炎 治療経過

 

Case② 20代 女性 ストレスで胃痛

【症状】

以前からストレスを感じると胃の痛みが出現し、市販の胃薬を飲んだり近くのクリニックを受診し胃薬の投薬を受けたりしていましたが、ここ最近は痛みが出る頻度が増えてきたとのことで巣鴨駅前胃腸内科クリニックを受診されました。

 

【診察】

受診時には胃痛などはない状態でしたが、ストレス時に症状がでるとのことから機能性ディスペプシア(特に疾患があるわけではないのに胃の機能の調整機能が崩れて起こる症状)を考えました。

 

【検査】

実際に症状を起こすような病気がないかをチェックするため腹部エコー・胃カメラなどの検査を行いました。

腹部エコーでは、肝胆膵などの上腹部の臓器に痛みの原因となるような異常は認めませんでした。

また、胃の中の病変のチェックのため胃カメラも行いましたが、ピロリ菌もなく異常所見はない状態でした。

正常の胃

【治療】

以上のように検査では特に病気はなく、機能性ディスペプシアと診断しました。

胃痛が出るのがストレス時とのことであり、症状出現時に薬を飲んで頂くことと、症状が出にくい体質にすることを目的に漢方薬とサポートとしてi-katsuを飲んでいただくこととしました。

 

【経過】

仕事が忙しくストレスを感じることも多かったため、1-2週間は胃薬を飲む機会がありましたが、次第にストレス時にも胃痛が出現しにくくなってきたとのことでした。

ご本人的には調子がよく胃痛はほとんど気にならないとのことで、再診時に漢方も一旦中止しi-katsuを飲んで様子を見て頂くことしました。

その後もストレス時の胃痛はほぼなく良い状態が続いていますが、ご本人が状態の維持と体質改善のためi-katsuを続けたいと希望され、現在も続けています。

 

 Case③ 40代 女性 胃が重い・食欲不振

【症状】

以前は食事がありなんでも美味しく食べる方だったが、旦那さんがリモートワークとなり生活環境が変わり、何となく胃が重く食欲が出なくなってきたとのことで、近医を受診され、胃カメラや血液検査・CTなどを受けたところ異常がなく、“精神的なもの”と言われ、胃薬を出されるもすっきりしないとのことで巣鴨駅前胃腸内科クリニックを受診されました。

 

【診察】【検査】

前医にて必要な検査は行われておりその結果と問診から、機能性ディスペプシアを考えました。

 

【治療】【経過】

胃の重たさと食欲が出ないとの症状から、胃の動きの低下が考えられ、動きを改善する薬を錠剤や漢方を組み合わせて処方しました。

その後、2週間ほどで、胃の重たさや食欲は改善し、ご本人から症状をぶり返さないようにしたいとのことで、生活習慣や食事の指導を行いました。

また、萊菔子(ライフクシ)という生薬には胃に入った食物をスムーズに腸管に送り込む作用があり、その萊菔子(ライフクシ)を含んだi-katsuを飲んでいただき、現在も以前のように食事を美味しく食べれる状態が続いています。

 

Case④ 20代 男性 食べてすぐ胃が張る

【症状】

以前から食は細い方とのことでしたが、1か月ほど前から食事をするとすぐに胃が張って満腹になるとのことで当院を受診されました。

 

【診察】

触診では特に異常はなく、1か月半前から転職をして職場の環境に慣れていないなどのストレス環境があるとのことから、機能性ディスペプシアを疑いました。

 

【検査】

実際に症状を起こすような病気がないかをチェックするため腹部レントゲン・腹部エコー・胃カメラなどの検査を行いました。

腹部レントゲンでは異常ガスなどはなく、腹部エコーでも肝胆膵などの上腹部の臓器に異常は認めませんでした。

胃の中の病変のチェックのため胃カメラも行いましたが、胃のポリープを認める程度でピロリ菌もなく、症状の原因となる病変はない状態でした。

 胃底腺ポリープ

※今回見つかった胃のポリープは胃底腺ポリープと呼ばれる治療の必要ない良性ポリープで、症状の原因とはならないものです。

 

【治療】

検査では特に病気はなく、機能性ディスペプシアと診断し、投薬治療を行いました。

食後すぐの胃の張りは、胃の動き(弛緩・排出)といった機能の調整不良で起こることが多く、胃の動きを改善する薬(アコチアミドと漢方)を投薬して経過を見ることとしました。

 

【経過】

2週間後の再診の際に状態を伺うと、投与開始して5日程経つと症状が少しづつ緩和し、再院時には食後の張りがまだ若干気にはなるが、来院前からすると良くなってきた状態とのことでした。

もともとは職場環境の変化というストレスを機に発症した機能性ディスペプシアと考えられますが、ご本人も徐々に職場に慣れていけそうとのことで、しばらくは投薬を継続し、8週目の再診時には症状はほとんど改善したとのことでアコチアミドは中止としました。

以前から食が細いのも気になっているとのことで、体質的な部分を改善する意味で漢方は継続し、また普段からの胃のコンディションを整えるためi-katsuを併用してみることとし、現在では以前に比べると食事量も増えてきたとのことであり、このまま漢方i-katsuを継続していく方針としています。

 

ケース⑤ 20代女性 胃が張る

【症状】

うつ病にて治療中の方。以前から胃の違和感があり、特に食後に張りを強く感じるとのことで当院を受診されました。

 

【診察】

触診では特に異常はいものの、心窩部(みぞおち)のあたりに違和感や張りがある状態でした。

機能性ディスペプシア(特に疾患があるわけではないのに胃の機能の調整機能が崩れて起こる症状)や、うつ病のため向精神病薬を数種類服用中であり、薬の副作用などを考えました。

 

【検査】

実際に症状を起こすような病気がないかをチェックするため腹部レントゲン・腹部エコー・胃カメラなどの検査を行いました。

腹部レントゲンでは異常ガスなどはなく、腹部エコーでも肝胆膵などの上腹部の臓器に異常は認めませんでした。

胃の中の病変のチェックのため胃カメラも行いましたが、ピロリ菌もなく、症状の原因となる病変はない状態でした。

 

【治療】

以上より、症状は病気ではなく、機能性ディスペプシアや向精神病薬の副作用によるものと考えました。

薬の副作用を考える場合、通常は内服の中止を検討することがほとんどですが、うつ病に対して使用している向精神病薬については、心療内科の主治医から「将来的に減薬は考えているが現時点では服薬継続が望ましい」とのことで、中止は難しい状態でした。

胃の違和感や食後の胃の張りは、胃酸の分泌過多や胃の動き(弛緩・排出)といった機能の調整不良で起こることが多く、通常は制酸剤や胃の機能改善薬などを用いて治療を行いますが、ご本人が「心療内科の方で薬をたくさん飲んでいるのでなるべく薬は増やしたくない」と希望され、相談の上、サプリを試してみることとしました。

<治療内容>

サプリ

i-katsuの成分である乳酸菌LJ88は過剰な胃酸分泌を抑制する作用があり、制酸効果が期待されます。

また、i-katsuに含まれる生薬のダイダイ・萊菔子(ライフクシ)には蠕動を促進し胃の動きを改善させる効果があります。

 

【経過】

サプリを飲んで数日すると、「胃がすっきりしたような感じ」が出てきたとのことで、張りも少しづつ改善してきているような印象とのことでした。

ただ、食事を通常量食べると胃が張ってしまうとのことで、可能であれば1回量を減らし、5-6食に分けてみてはと提案しました。

サプリとともに2週間ほど続けてもらうと、食後の張りが和らいできたとのことで、そのまま1か月ほど続けてもらうと、かなり改善したとのことでした。

食事は3食に戻しましたが、落ち着いた状態が続いており、心療内科の薬は服用を続けつつ、サプリを併用し様子を見ています。

 

※その他の症例に関してはブログにてご紹介しております

 

文責:巣鴨駅前胃腸内科クリニック院長・神谷雄介

(消化器内科・内視鏡専門医)