i-katsuの成分(乳酸菌LJ88・生薬)

by 神谷雄介

人の胃由来の乳酸菌LJ88漢方の生薬ダイダイダイコンの種麦芽)を最適な量で配合したオリジナルのサプリです。

 

★それぞれの成分について★

「乳酸菌LJ88」

なぜ胃に乳酸菌なのか?

胃の症状を引き起こす要因の一つに「胃内細菌叢」が関わっていると言われています。

ある種の胃由来の乳酸菌には胃内細菌叢を改善し、胃もたれ胃痛などの症状を軽快させる働きがあるとの報告があり、胃の環境改善・体質改善・症状の予防に寄与してくれると考えられています。

 

●胃痛、胸やけ、胃もたれの原因となる胃酸の過剰な分泌を抑える●

乳酸菌LJ88は、胃酸の分泌を促す「ガストリン」というホルモンを作る細胞に働きかけることで、過剰な胃酸の分泌を防止してくれます。

また、必要以上には胃酸分泌を低下させることはなく、正常の状態を保ってくれます

 

 

マウスだけではなく、ヒトでの効果も確認されています

乳酸菌LJ88が胃症状を改善する効果は、ヒトボラン ティア を用 いた臨床試験でも確認されています。一日当たり10億個、または100億個の乳酸菌LJ88殺菌体を6週間にわたり毎日摂取することで、有意 な胃食道逆流症関連症状の改善が見られ、胃症状の悪化なく改善した7名では、血中のガストリン濃度の有意な減少も確認されました。

食品と開発 52 (4), 65-67, 2017

 

制酸剤のリバウンドの抑制作用

胃酸を抑える薬を服用していると、やめた際に一時的にリバウンド反応を起こし、胃酸が分泌しやすくなりますが、LJ88を服用することでそのリバウンドが抑えられる可能性が示唆されています。

 

●抗ピロリ菌作用●

最近TVなどで多く取り上げられている「ピロリ菌」は胃がんを発症する原因の1つと認められていて、胃痛、胃もたれなど様々な胃のトラブルも引きおこします。このピロリ菌 の働きを弱めてくれるのもLJ88乳酸菌です。 乳酸菌LJ88とピロリ菌を同居させた実験では、ピロリ菌の増え方がおさえられることが明らかになりました。

 

 

<生薬について>

漢方を構成する生薬を組み合わせを考える中で重要な配合7情(はいごうしちじょう) と呼ばれる考えがあります。

強い相乗効果が生まれる組み合わせ、相手の素材の毒性を消去する組み合わせ、全く異なる作用を出させる組み合わせなど7種類になり、このことからと配合7情と言われています。

その中でも強い相乗効果が得られる組み合わせを考え、優れた作用と安全性が期待できるダイダイとダイコンの種、麦芽という生薬を厳選。

そしてその生薬を最適な抽出時間でオリジナルエキス化し、サプリとしました。

 

「ダイダイ」 

漢方では橙皮や枳実という生薬になります。

ミカンの皮に似た作用を持ち、胃腸の蠕動運動を高め、そのリズムを調整すると言われています。

胃が悪い場合の咳(せき)、胃弱者の嘔気、腹部膨満感の軽減、食欲がない場合の健胃(けんい)剤に用いられます。

 

※ダイダイに含まれる有効成分とその働き

・リモネン:健胃・整腸作用があり、腹部に溜まったガスを排出させる働きがあるため、お腹の張りや痛みを和らげる効果が期待できます。

・フラボノイド類(ナリンギン等):肥満に関与する前駆脂肪細胞の分化促進効果を持つ他、抗アレルギー作用や免疫力を高めるとも言われています。

・クマリン:血流改善作用。

 

「麦芽」

消化酵素とビタミンB群を含有しているため、消化を助ける作用があると言われています。また、グルタミン酸などのアミノ酸類を豊富に含んでいますので、消化器系の保護に役立つ可能性が高いと考えられています

麦芽の成分に含まれる有効成分とその働き

グルタミン酸:アミノ酸の一種で、胃酸の分泌を促し食物の消化を助けます。また、粘膜を厚くし粘膜の防衛機能を高めたり、迷走神経を興奮させ、消化管の運動を促進させます。その他、ピロリ菌の繁殖を抑える効果も報告されています

 

「大根の種」

漢方では萊菔子(ライフクシ)という生薬になります。

萊菔子(ライフクシ)には消化促進作用があるとされ、胃弱による吐き気や胸焼け消化不良に効果的と言われています。

胃に入った食物をスムーズに腸管に送り込む作用があり食欲不振や便秘にも効果が期待できます。

※ダイコンの種に含まれる有効成分とその働き

スルフォラファン:

ピロリ菌に対する抗菌作用もあり、抗生物質の耐性を持ったピロリ菌にも殺菌効果がみられたの報告もあります。

(Fahey, J. W.; Haristoy, X.; Dolan, P. M.; Kensler, T. W.; Scholtus, I.; Stephenson, K. K.; Talalay, P.; Lozniewski, A. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 200299, 7610–7615.)

イソチオシアネート:揮発性成分で、腸管を刺激し、蠕動運動を活発に

すると考えられています

 

【栄養成分表示】

1粒当たり

エネルギー:1.15kcal

タンパク質:0.0084g

脂質:0.0096g

炭水化物:0.257g

食塩相当量:0.00036g

【原材料】

ダイダイ・ダイコンの種・麦芽エキス末・麦芽糖・乳酸菌末、セルロース、ステアリン酸カルシウム、プルラン、微粒二酸化ケイ素・セラック

 

 →NEXT 続けて飲んで頂くために

 

文責:巣鴨駅前胃腸内科クリニック院長・神谷雄介

(消化器内科・内視鏡専門医)